味工房❱PS4のストレージ容量拡大を初心者が実践してみた。第2部 最終です♪※初心者必見です。

どうもサイト管理者のダンテゼノです。

第3回の趣味工房のお時間です♪

前回からの続きで今回も実際にPS4をいじくる記事になります。

前回の記事は▶ こちら から

記事を見てからの実践は自己責任でお願い致します。

記事のタイトルにも記載しておりますが、実際にいじくる事での初心者の私が実機を使い、出来るだけ見ている方(拝見して頂いてる方もおそらく初心者かと思いますが)に分かりやすく写真を交えながら説明していきます。

暫しの間お付き合いをお願い致します♪ではさっそく始めましょう!!

④:SSDとPS4をペアリングさせよう。

前回の記事ではSSDをPS4に取り付けるまでを図解にて説明しました。

今回からは細かい設定に移ります。しかし、初心者様でも分かりやすくまた②図解にて説明しますので、気構えることなく安心してご覧ください。

まず㊀PS4の設定へ行き、㊁下の周辺機器の項目まで行き決定

㊀  

⇒  ㊁

㊂周辺機器項目の中のUSBストレージ機器を決定、㊃接続したUSBストレージ、つまり追加したSSDを認識していることを確認して決定する。

㊂ 

⇒  ㊃ 

ここで決定を押すと認識しているSSDをフォーマットされます。PS4の指示通りフォーマットをしましょう。

⑤:追加されたSSDに本体のDLデータを移行してみよう!

追加されたSSDをフォーマットしたらゴールはもうすぐそこですぞ。がんばりましょう♪

㊄SSDをフォーマットしたら本体ストレージの項目のストレージを決定して本体をクリックしてみよう。

㊅移行したいデータをoptionボタンを押して、拡張ストレージへ移行するに決定を押す。

 

 んでっ!

終了です(笑)

どうですか?簡単だったでしょ??

移行した結果の写真がこちら

結構容量がいっぱいでしたので読み込み時間が長くてゲーム容量が多いソフトデータを移行しました♪

・・・・・・

ここでひとつワンポイントチェック。

なぜ私が読み込み時間が長くてソフトデータの容量が多いと言ったのかと言うと、追加したSSDの真骨頂といえると思いますがゲームそもそもの読み込み時間が改善するからなんです♪

他のゲーム記事でも記載されていますが、PS4の内蔵HDDはSATAⅡ接続という方法なのでHDDをSSDに換装しても十分な速度が出ません。(正確に言うと3GB/s)

それに対しPS4の外付けUSBはUSB3.0に対応している為5G/sの速度が出せるため初期型は外付けのSSDが良いということなのです。

さてここで、管理人の私が使用しているゲームの読み込み時間がどれだけ短縮するか実際に試してみます

試すのはこちら

 

そう。USBソフトさんから発売されているディビジョン。

購入してからもう2年ほど経ちますが、度重なるアップデートで読み込み時間が長いw

容量も50ギガバイトほどありこちらをチョイス。

早速、ホーム画面からの起動でタイトルメニューまで行く時間を計測。

☆データ移行前☆

約3分ほどかかります・・・。ちなみに管理人立ち上げたこの時間で寝ることもしばしばw

では、移行してからの時間がこちら!

☆データ移行後☆

・・・・・・・・・。

どうですか?すごいでしょ?w

管理人の私も正直ビックリしましたwここまで違うとメニューからのキャラ選択後、オープンMAPにいくまでの時間を計測してみます。

☆データ移行前☆

正直長すぎ・・・w オープンワールドゲームだからしょうがないのか・・・。

カップラーメンも完成して2割くらい食べれる時間ですよ・・・。

さて愚痴はここまで、移行後の時間がこちら。

☆データ移行後☆

どうでしょう?

倍違いますぜw

ここまで違うと信用いただけると思います♪これだとハクスラも容易ですね~

どうでしたでしょうか?2回にわたりお送りした趣味工房でした。

MHWやファークライ5など読み込みが非常に長くて困る方などはぜひこの記事をご覧頂き、参考にしていただければと思います。

MHWの帰還時間が長いとクエを回すのに時間が取られてしまいその時間を累計するだけでも大分違ってきますよね??

この記事ですこしでもご興味を持っていただきみなさんのPS4ライフに検討していただければと思います。

それでは

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です