❰趣味工房❱PS4のストレージ容量拡大を初心者が実践してみた。続きます!※初心者必見です。

どうもサイト管理者のダンテゼノです。

第2回の趣味工房のお時間です♪

今回は実際にPS4をいじくる記事になります。
記事を見てからの実践は自己責任でお願い致します。

記事のタイトルにも記載しておりますが、実際にいじくる事での初心者の私が実機を使い、出来るだけ見ている方(拝見して頂いてる方もおそらく初心者かと思いますが)に分かりやすく写真を交えながら説明していきます。

暫しの間お付き合いをお願い致します♪ではさっそく始めましょう!!

①:PS4の本体のデータ容量を増やしたい….

PS4を購入した方の大半がこの問題に直面するかと思いますが、ここ最近のゲームのHD使用量は非常に多くなっており、HDDが500ギガの初期型、薄型PS4なんかは4,5本ハイクオリティーなソフトをDLすると、本体のストレージ容量がいっぱい②(汗

しかも本体のストレージ容量は500ギガまるまる使用できるわけではなく、本体に最初から入っているアプリケーションなどで400ギガちょいがいいところ。

 

このような状態だと新しい作品を手に入れるごとに、本体の容量を気にしながらプレイするはめに….。

度重なるアップデートもあり、アップデート情報をDLする際に足りないと忠告されることも・・・。

で 、

ここからが本番ですよー。

ネットにストレージ容量の拡張をした記事は数あれど、どれを参考にすればよいか・・・。

どの記事も回りくどい初心者お断りのような記事ばかりでしたので私が変えたやり方をサクッと伝授します。「ここは押さえておくべき!」というところは確実にお教え致します!

②:追加するSSDとSSDと本体を繋ぐSDDケースを購入しよう!

この記事は冒頭でいった通り初期型PS4と薄型PS4を対象にした本体ストレージのアップデートです。

今現在PS4は大まかに分けると3種類になります。

❶:初期型PS4

❷:薄型PS4

❸:PS4 Pro

この中で❸のPS4 Proでは追加のSSDを直接本体に着脱できるので割愛します。

さっそく交換する際に私が買った商品を紹介!

 

Crucial SSD 250GB MX500 内蔵2.5インチ 7mm (9.5mmアダプター付) CT250MX500SSD1/JP

Salcar USB3.0 2.5インチ HDD/SSDケース sata接続 9.5mm/7mm厚両対応 UASP対応 簡単脱着5Gbps 18ヶ月保証

こちらになります!

これらは大体ネットショッピングにて格安販売されており、値段もお財布にやさしい!!

これで大体 1万円前後で購入しました♪

ここで注意点!

追加するSSDはPS4の推奨として 250ギガバイト以上を購入しましょう!!

紹介しています製品をぜひご参考にしてください!

さてこれ以上余計な事は言いません!w 早速接続していきましょう!

③PS4にSSDを取付てみよう!

まず㊀.SSDケースを開封し、㊁ケース下部をスライドし開口させます。

㊀   ⇒  ㊁ 

 

㊂追加するSSD箱を開封し、㊃溝・向きをチェックします。

㊂   ⇒  ㊃ 

ここでSSDを差し込むワンポイントアドバイスがあります。

というのも、私このSSDを差し込んだ際にケースにガッチリ差し込んでいたと思い込んでPS4に取り付けたのですがなんと全く奥まで差し込まれておりませんでしたwそれから何回もUSBストレージの読み込みがうまくいかず焦っておりました。ケースの幅的にもガッチリ取り付けたつもりでなかなか奥まで綺麗にいかないと思います。

ですので手先がお上手な方はSSDケースをバラしてSSDとケースの差し込み口を接続した方が良いかと思います。自身が無い方は無理せずゆっくり押し込んでみてください♪

そしてPS4のUSBの空きに㊄SSDを取り付けたケースを差し込みます。㊅

㊄    ⇒  ㊅ 

      Good Job!!!!

これであらかた終わりましたwどうです?早いでしょ??

この追加HDDと違いコンパクトなのもSSDの長所ですよね~

ちなみに私はこのスペースで活用しております♪

どうでしょう?かなりコンパクトに収まりました♪

 

さて、次回はPS4とリンクさせます!

また見てください!記事の内容が良ければフォローもぜひお願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です